ブログ

本格的な冬の訪れ、寒い日も続きますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
最近のお家は高気密高断熱で、お家の中は暖かく快適にお過ごしいただけますが、古いお家では屋内も肌寒いお家もありますよね。

「古い家だから、寒くてもしょうがない」
と思われるかもしれませんが、諦める前にリフォームを検討されませんか?

例えば、窓からの冷気を予防するには、今ある窓の内側にもう一つ窓を設置する「内窓」が有効です。
引き違い窓ならほとんどの窓で設置が可能で、窓が二重になるだけで外からの冷気を防ぐことに加え、室内の暖かい空気を外に出さない役割もあります。
ただし、ハンドルタイプの窓ではハンドル部分が使用できなくなるため、内窓が設置できませんのでご注意ください。

お家の中で、寒さが特に気になるのが浴室です。
リビングや居室を暖房で暖めていても、浴室が寒ければヒートショックの危険性も高まります。
特にタイル貼りの浴室などは、断熱材が入っていないため外気の影響を受けやすくなっています。
最新のユニットバスには断熱材が入っているため、浴室の寒さが解消できるのでお悩みの方はぜひご検討ください。

今回ご紹介したリフォームは、今からでもご依頼いただけます。
お悩みの方は、ご自宅にお伺いしてご相談・お見積りなどをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

おすすめコンテンツ