ブログ

ご自宅やご実家など、比較的古いお家にある天井のシミ、原因は何か気になりませんか?
実は、1階と2階で原因が違うこともあるんです。

■1階のシミの原因は?
1階の天井のシミ、雨漏りだと思っていませんか?
もちろん、雨漏りが原因でシミができている場合もありますが、ハクビシンなどの動物の尿であることが多いのです。
天井裏に動物が住み着いている気配がする、といったケースでも、多くの家ではそのまま放置されているようです。
シミができる度に天井を張り替えるわけにもいかないので、お家の他の部分をリフォームするついでに天井をきれいにしてもいいかもしれませんね。

■2階のシミの原因は?
一度きりのシミなら、1階と同様に動物が入り込んでいるかもしれませんが、何度も繰り返されるシミは、雨漏りを疑ってください。
詳しい診断は、プロに見てもらいましょう。雨漏りが起きている時には、瓦が割れたりずれたりしている、漆喰が取れているなどといったケースが考えられます。
補修ができる範囲なら補修し、難しい場合はリフォームできれいにしていきます。

大体の目安ですが、築30年以上経過している日本家屋は、風通しをよくするために、構造的にあえて隙間が作られています。
そのため、動物が侵入する経路がいくつもあり、どこから入ってきたのかを突き止めるのも、ご自身では困難です。

もし、天井のシミや、天井から何か動物の気配がして気になるなら、弊社に一度ご相談ください。

おすすめコンテンツ