ブログ

住宅を購入してしばらく経つと、「ちょっとここが不便だな」と感じることがあるかもしれません。
弊社のお客さまにお伺いしてみると、特に多かったのが「収納」について。

昔の住宅では、収納の中に家具を入れる方が多かったのですが、最近は家具が不要な方が増えています。
家具のない部屋はすっきりと見えますし、空間が有効活用できますよね。

収納を最大限に使うためには可動棚がおすすめです。
固定された棚よりも自由度が高く、収納する物が変わる時には、物に合わせて高さを調整できます。

特に主寝室、子ども部屋、パントリーは可動棚があると便利で、お住まいになった後に「やっぱり可動棚にしておけばよかった」と思われる方もいらっしゃいます。
設計段階では不要と感じた設備も、実際にお住まいになると必要になることもありえるのです。

リフォームは、住宅の傷みを解消させるのはもちろんですが、こうした不便を解決するためにも役立ちます。
可動棚の追加や、新たに収納を造るリフォームなど、収納に関するリフォームも弊社では施工しています。

お住まいになった後のお困りごとは、イタヤリフォームにご相談ください。

ARCHIVE