ブログ

すっかり寒くなりましたが、皆さん元気にお過ごしでしょうか。
今回は、冬に気を付けていただきたい「ヒートショック」の話題です。

ヒートショックとは、寒い場所から暖かい場所、もしくは暖かい場所から寒い場所に移動すると、その寒暖差によって血圧が急上昇・急降下する状態をいいます。
ヒートショックは、意識喪失・脳梗塞・心筋梗塞といった疾患を引き起こし、死亡に至るケースも。ヒートショックによる死者は交通事故死を上回りますが、ある程度ご自身で対策できます。

住宅の中でヒートショックが起こりやすい場所といえば、洗面脱衣室、浴室、トイレの三か所。
夜中などに、暖まっている布団から寒いトイレに行った際に、ヒートショックを起こしてしまうこともあります。
逆に、寒い洗面脱衣室から急に湯船に入って、心疾患を引き起こすこともあるのです。

これらを予防する一番簡単な方法は、寒さが気になる場所に暖房器具を設置すること。
洗面脱衣室にヒーターなどを置いている方も多いようですが、トイレにも暖房器具を設置し、使用する際に体を暖めるようにしましょう。

より根本的な解決法は、内窓や断熱材を取り付けるリフォームです。
内窓は、窓から入ってくる冷気を防げますし、外に暖かい空気を逃さないので部屋を暖かく保てます。古いお家では断熱材が入っていなかったり、入っていても落ちてしまったり……。そうなると断熱効果はほとんどないため、断熱材を新たに入れるリフォームも寒さ対策に有効です。

お家を暖かくするリフォームは、ご両親の健康を気遣うお子さまからのプレゼントで施工することもあります。

リフォームをした方がいいのか、暖房器具を設置して予防するのかは、お客様の価値観や予算によって変わってくると思います。迷われたときは、お気軽にイタヤリフォームにご相談くださいね。

おすすめコンテンツ