ブログ

水回りは、こまめに掃除をするとキレイが長持ちして、劣化を防ぐことができます。
トイレは、使い捨てのシートなどを使って毎日掃除をしておくと、簡単に汚れが溜まりづらくなりますが、どこまで掃除をしていいのかの範囲が難しい場所かもしれません。

一般的には、便器や便座、ウォシュレットなどのボタン部分、壁や床を拭くことが多いと思いますが、気になるのはトイレタンク。
日頃はタンク上部を拭くだけでも、大掃除の時などには、タンク内部の水垢汚れが気になりますよね。

つい自分で掃除をしてしまいがちですが、実は注意が必要な部分です。
タンクのふたを持ち上げた時に、水が流れる部分とのつなぎが外れてしまうと、構造を知っていないと自分でつなぐのは難しいことも。
結局、業者を呼ぶことになりますので、タンク内の掃除はしない方がいいでしょう。

ウォシュレットは、簡単な拭き取り程度なら、掃除シートなどで軽く拭くといいですが、本格的な掃除は電源を切ってノズルを引き出すといった作業になります。
ウォシュレットは、メーカーや製品によって掃除方法が若干変わりますので、お持ちのトイレに合った方法で掃除をしてくださいね。

詳しくは、各社のホームページもご参照ください。

ARCHIVE