ブログ

洗面台をリフォームするお客さまのニーズは多種多様ですが、その中でも最も多いのは幅を広げたいというご要望です。
住宅の洗面台は、昔は幅60cmのものが主流で、その後75cm、現在は90cmとどんどん広くなっています。
幅広の洗面台は、ご夫婦や親子など複数人で使えるのはもちろん、幅が広くなった分、収納も増えて洗面台周りの細々した物を片付けられるというメリットも。

次にご要望が多いのは、洗面ボウルの深さです。
洗面ボウルが浅いと水撥ねしてしまいますので、深いものが求められています。
洗面ボウルが深いと、衣類や靴などのつけおき洗いもできて便利ですよ。

「今の洗面台が小さいから、幅広の洗面台が入るか心配」
という方もいらっしゃるかもしれません。
一概には言えませんが、洗面脱衣室は1坪ほどのスペースを確保しているケースが多く、そのぐらいの広さがあれば90cmの洗面台の設置が可能です。

洗面台は、浴室と一緒にリフォームするのもおすすめですが、洗面台のみのリフォームをされる方もたくさんいらっしゃいます。
洗面台が壊れたわけではないけれど、不便さを感じている方もぜひ一度ご相談ください。

おすすめコンテンツ